パケットキャプチャ入門 第4版 ―LANアナライザWireshark活用術―
パケット解析のやさしい入門書!
竹下 恵 著 B5変型判 464ページ 定価:3,080円(税込) ISBN:978-4-86594-139-5 2018年5月上旬刊行
電子書籍
オープンソースのLANアナライザソフト「Wireshark」を使って、パケットを取得する方法を解説した1冊です。取得したパケットをもとにネットワークの仕組みを解き明かします。 Wiresharkの新バージョン「2.x」系は、解析できるプロトコルが増え、図表やレポート機能が大きく強化されています。 本書「第4版」では、Wireshark 2.x系に対応し、操作方法や追加・変更された機能を解説するとともに、便利なTipsやテクニックをふんだんに紹介しています。 また、毎年開催されているWiresharkの開発者会議「Sharkfest」で新たに得た情報も盛り込んでいます。 さらに、トラブルシューティングなどを拡充するとともに、従来どおりTCP/IPの入門書としてご利用頂けるようにしています。
内容詳細
■サンプルコードのダウンロードはこちら

第1章 Wiresharkの概要を知ろう
1.1 LANアナライザについて
1.2 Wiresharkについて
第2章 Wiresharkを使ってみよう
2.1 Wiresharkのインストールと起動
2.2 Wiresharkのユーザインタフェース
2.3 Wiresharkのショートカット
第3章 パケットをキャプチャしてみよう
3.1 Wiresharkのハンズオン
3.2 Wiresharkのキャプチャ操作
3.3 Wiresharkのファイル操作
3.4 Wiresharkの高度な機能
第4章 ネットワークの仕組みを知ろう
4.1 パケットのヘッダの確認
4.2 通信のルール
第5章 ダンプ解析をしてみよう
5.1 ダンプ解析とは
5.2 Ethernet II
5.3 ARP
5.4 IP
5.5 UDP
5.6 DNS
5.7 TCP
5.8 HTTP
5.9 SIP
第6章 トラブルシューティングをしてみよう
6.1 トラブルシューティングの方法
6.2 pingコマンドの裏側を調べてみよう
6.3 ネットワークがダウンした場合のトラブルシューティング
6.4 ネットワークの通信が遅い場合のトラブルシューティング
6.5 クライアントサーバのトラブルシューティング